You are here: Home / 欠陥住宅のトラブルが発生した時

欠陥住宅のトラブルが発生した時

住宅のトラブルで、最も多いトラブルが雨漏りです。
以下、ひび割れ、漏水、剥がれなどがトラブルとなっています。
雨漏り、漏水は10年保障の対象になっており、建物の構造にかかわる部分に関して、建築業者、販売業者は、引き渡し後10年間は保障しなければなりません。
10年の間に欠陥が見つかれば、無料で修理を行わなければなりません。
また、欠陥住宅の問題は、雨漏り、ひび割れだけにとどまりません。
雨漏り、ひび割れを通して、他に欠陥部分はないかを調査して、深刻な影響を及ぼす箇所がないかを点検しなければなりません。
雨漏り、ひび割れの欠陥は、氷山の一角かもしれないのです。
そこで、家の欠陥を調査するために、客観的に調査をしてもらう必要がありますので、家の建設にかかわった業者ではなく、第三者に調査をしてもらうと安心です。
また、家を購入し、住み始めてから家の欠陥に気づくという事は、10年の保障があるとしても、やはり家にかかわるトラブルに巻き込まれてしまったといえます。
購入前に欠陥住宅であると見抜く為には、事前に自分自身で調査をする必要があります。
家は高額な買い物ですから、しっかりと業者を吟味して、信用できるか調査する事が大切です。
ネームバリューが通っている会社というだけで、安心してないかを思い返すことも大切です。
ネームバリューで安心しているなら、家が良い資材を使用して建てられたものか、しっかりとした造りであるかを調査します。
後に後悔しない為に、家の調査は出来れば購入前にします。
購入後も欠陥が気になれば、第三者に調査をしてもらい、修理の必要があれば業者に申し出ます。
業者が修理を拒否する時は、証拠となる書類、例えば購入前の自己調査時に工事現場の写真を撮っていた、気になる箇所をメモしていた等は、調査を依頼した第三者の専門家の言葉と共に、欠陥住宅の証拠となります。
業者が修理を拒否する時に備え、欠陥の証拠となりえる書類の準備を出来る限りしておきます。
また、家のトラブルが生じた時の為に、一般人が相談、利用できる機関を調べて相談をするという事も、解決の一助となります。